ハザード マップ。 江戸川区水害ハザードマップ(2019年5月発行) 江戸川区ホームページ

世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(多摩川洪水版、内水氾濫・中小河川洪水版)

この度、区では、東京都が世田谷区洪水ハザードマップ(全区版)のもととなる「城南地区河川流域浸水予想区域図」および「野川、仙川、入間川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図」を改定したことを受け、最新の浸水予想区域図を反映し、また事前の備えとして役立てていただけるよう、情報面もわかりやすく見直し、名称も洪水・内水氾濫ハザードマップに変更しました。 (平成13年7月改正)に基づき、堤防が決壊した際のおよびその際の水深を示した「浸水想定区域図」が作成される。

13

広島市洪水ハザードマップ

中央区田名塩田の一部。

11

世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(多摩川洪水版、内水氾濫・中小河川洪水版)

なお、色覚異常のある人もご覧いただけるよう、色や形状で区別がつくように調整を行っています。 ・洪水(大栗川・乞田川)・内水氾濫・土砂災害マップは、東京都が公表している「浅川圏域、大栗川および三沢川流域浸水予想区域図」に基づき作成していますが、 都独自の取組みとして浸水範囲を示したものです。 多摩川洪水版は、国土交通省京浜河川事務所が公表している「多摩川洪水浸水想定区域図」(水防法第14条)に基づき作成しています。

8

浸水(内水)ハザードマップ|相模原市

これは以下の理由による。 その後、平成27年5月に水防法が改正され、国及び県において「想定し得る最大規模」の降雨を前提とした洪水浸水想定区域を新たに公表されております。

洪水浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

現行の宅地建物取引業法(取引の前に行われる重要事項説明)では、土砂災害や津波の警戒区域は義務付けてはいるものの、「浸水想定区域」は対象外である。 三鷹市浸水ハザードマップを更新しました 東京都が「野川・仙川流域」(令和元年6月公表)、「神田川流域」(平成30年3月公表)、「城南地区河川流域」(平成30年12月公表)の大雨による河川の増水・雨水による浸水の想定を更新したことに伴い、「三鷹市浸水ハザードマップ」も更新しました。 (3)の対象となる主な地区名 南区下溝の一部。

17

大仙市ハザードマップ

地図面の浸水想定区域は、あくまでも浸水シミュレーション結果であり、実際の浸水状況とは異なる場合があります。

6