ブラームス 交響曲 第 4 番。 ブラームス交響曲第4番 名盤聞き比べ(CD比較)

ブラームス交響曲第4番 名盤聞き比べ(CD比較)

二楽章、あまり音量を落とさない第一主題。 肥大化せずにカチッと引き締まった響きもとても良かったです。

20

ブラームス 交響曲第4番

続く木管は静かに歌います。

11

交響曲第4番 ワルター&コロンビア交響楽団(シングルレイヤー) : ブラームス(1833

甘く夢見るような歌の途中で突如感情が高まり、希望と切なさがないまぜになったフォルテへと上り 詰めた後、燃焼し切らずに力が抜け、また内にこもって物思いにふけります。 第一主題はとても静かです。 こちらはイアン・ジョーンズがEMIのARTシステムによるリマスターを施し音質が改善されている。

5

交響曲第4番 アバド&ベルリン・フィル : ブラームス(1833

この時期の作品は 概ね穏やかな満足に満ちているような気がします。 また、シューマン最後の言葉はクララ に抱かれて発した I know の意味のイッヒ・ヴァイスで、幻覚 にも てあそばれてきた けれども「君だとわか るよ」と 言い、最後の力を ふりしぼって 挨拶したのだとク ララは言っているわけですが、一方で「ブラームス と関係してたこと、 ぼくは知ってるよ」と いう意味だと解 釈したがる人もいま す。

3

ブラームス交響曲第4番の解説

38小節からは3度下降のモチーフが見られる。 同主で明るく終わる第1番とは対照的に、で始まりで終わる構成となっていますが、これは第1番、第2番やがに編曲しているピアノ四重奏曲第1番など、の曲では以前から見られる構成です。 最後のホルンは力強い演奏でした。

15

ブラームス 交響曲第4番 Op.98 | おすすめ!名盤レビュー

何気なく聞いて いると見落としますが、表情は違うながらもマリス・ヤンソンスの演奏と並んで細部まで行き届いた抑揚が付いていて、 一音一音のつながり方がただものではありません。 98は、その作曲時期から枯淡の境地などと 評されますが、ブラームスという人は枯淡という表現とはどこか馴染まないような気もします。

20