大阪 地震 2018。 2018年大阪北部地震の被害とライフライン復旧、支援のまとめ

平成30年(2018年)6月18日に大阪府北部で発生した地震の関連情報|災害と緊急調査|産総研 地質調査総合センター / Geological Survey of Japan, AIST

航空路線は、18日18時時点で、を発着する計82便(出発便41便・到着便41便)が欠航し、では国際線出発便13便などに最大3時間の遅延が発生したが 、いずれも翌日までには回復した。

12

大阪府北部地震

関連する情報をまとめました。

大阪府北部を震源とする地震(2018年6月18日)による地震保険の被災率|地震保険の被災率|損害保険料率算出機構

元整備工の勝次郎さんが隣家と合わせてブルーシートをかけた。

2018年大阪北部地震の被害とライフライン復旧、支援のまとめ

(国税庁)• 交通機関の乱れや設備の損傷などにより、大阪圏のデパートなど商業施設は18日に多くが臨時休業した。 - (2018年6月22日アーカイブ分)• また小学校の道路沿いのブロック塀が倒壊、児童が犠牲になるという被害も発生。

3

大阪北部の地震(2018)とは

自分に合っているのは、どちらなのかはしっかり把握しておいてください。

10

西日本豪雨から北海道胆振東部地震まで。2018年を災害・気象の10大ニュースで振り返る。

西村 卓也 京都大学防災研究所地震予知研究センター 准教授 大都市の通勤時間帯を襲った地震 2018年(平成30年)6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするマグニチュード(M)6. 高槻市や茨木市は大阪市のベッドタウンとして人口が集中している地域のため、地震による被害は死者6人、重軽傷者443人、被害家屋は5万棟以上に及びました(11月6日現在、消防庁調べ)。 一方、生駒断層帯と上町断層帯は逆断層で、両断層とも地下では東方向に傾斜しています。 増田弁護士は「地震はとりわけ老朽家屋の高齢者や低所得者らに重い負担を強いた。

1