枕草子 二 月 つ ご もり ごろ に。 枕草子

枕草子

【原文】 二月つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪すこしうち散りたるほど、 黒戸に主殿司来て、「かうて候ふ」と言へば、寄りたるに、 「これ、公任の宰相殿の」とてあるを見れば、懐紙に、 すこし春ある心地こそすれ とあるは、げに今日のけしきに、いとようあひたる、これが本はいかでかつくべからむと思ひわづらひぬ。 うまい!さすが清少納言!彼女は和歌のインテリ家系出身ですから、面目躍如といったところです。 現代語訳 「俊賢の宰相などは、『やはり(清少納言を)内侍に任命してもらうように申し上げよう』と議論しておいででした」とだけ、左兵衛督の中将でいらっしゃった方が語ってくださいました。

16

枕草子第百六段「二月つごもりごろに」現代語訳と文法解説

「たれたれか」と問へば、「それそれ」といふ。 「つく」は「つける」。 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。

9

枕草子「二月つごもりころに」 現代語訳

【現代語訳】 五月のころに、山里に出かけるのはとても楽しい。 対義語は「朔日(ついたち)」 いたう=ク活用の形容詞「甚し(いたし)」の連用形が音便化したもの、(良い意味でも悪い意味でも)程度がひどい。 いかにも、歌の内容が悪くそのうえ返事も遅いとなっては、とりえもないので、ままよ、と思って 「空が寒いので、花と見間違えるかのように降っている雪で」 と、震えながら書いて主殿寮の人に渡したのですが、向こうの方々がどのように思っているのだろうかと考えると、つらく感じます。

7

二月のつごもりごろにって、どういう話でしょうか?授業で習ってるんです...

下 (しも)にありけるよ。

18

枕草子『二月つごもりごろに』解説・品詞分解

いかでかつくべからむ =いかで(副詞) +か(係助詞) +つく(動詞・カ行下二段「つく」終止形) +べから(助動詞・当然「べし」未然形) +む(助動詞・推量「む」連体形) 最後の「む」は終止形ではなく連体形です。 それでもやはり。 」という言い方で説明しなさい。

6

二月つごもり頃に

大納言殿は柱の側にお座りになって、「昨日から今日にかけては、物忌みで外出もできないでおりましたが、雪がひどく降り、こちらが気がかりで参上いたしました」と申された。 彼女にお見せなさいませ。 主殿司は、「とくとく」と言ふ。

3