デジタル 人民 元。 幸運な5万人、デジタル人民元をテスト-仮想通貨開発で中国リード

デジタル人民元(DCEP)と実体経済の融合|デジタル・スマートシティの実現に向けて

デジタル都市の実現にむけて雄安新区では、スマートシティ関連分野の企業や大学、科学研究機関で構成された「スマートシティフェデレーション」が2019年9月25日に設立されており、 ・China Electronics Technology Group(中国电子科技集团有限公司):理事 ・雄安的金融机构、科研机构以及华为、腾讯(テンセント )、阿里(アリババ)、百度(バイドゥ)、平安(中国平安保険):副理事、ディレクター などの世界的な事業展開を行っている中国企業も参画しています。 近づくデジタル人民元の発行 2020年01月28日 中国人民銀行がデジタル人民元をまもなく発行するとみられる。

9

デジタル人民元の実現が世界にもたらす影響|AI TRUST

関係者によると、ネットで伝えられた北京、天津、上海など28ヶ所での試行は、実はサービス貿易革新発展の全面的な深化の試行だ。 この価格の紐づけメカニズムは、法定通貨の預け入れによる資産裏付けにより実現しており、大きな市場シェアを誇るTetherもこの仕組みを採用しています。

デジタル人民元とは? まず「4+1」エリアで試行

中国は既にキャッシュレス社会が浸透しており、スマホ決済が社会のすみずみに行き渡り、利用者も6億人を超えている。

5

ゴールドマン・サックス「デジタル人民元は10年以内に中国の決済総額の15%に到達」

それが、中国マネーの日本国債への流入の一因だろう。

3

デジタル人民元(DCEP)と実体経済の融合|デジタル・スマートシティの実現に向けて

例えば、我々も良く使う国際送金にあたりSWIFTというものを使うが、 送金に時間もコストもかかるものだ。 そうすれば汚職などの問題を減らせる可能性がある。 中国の為政者は頭がいいし、利に聡い人たちだから、これまでのさまざまな政策の導入パターンを見ても、必ずそうするに違いない。

1

デジタル人民元(DCEP)と実体経済の融合|デジタル・スマートシティの実現に向けて

社会の実勢が中央銀行を動かした このようにデジタル人民元が今後、どのようにデザインされるのかは現時点では不明なことが多い。

12

人間経済科学研究所 中国のデジタル人民元「本当の脅威」とは «

その結果、どうなるか? 経済活動の利便性・選択肢が広がることそうだが、我が国にとっても無視のできない、アメリカによる国防戦略に大きな変革が迫られることになる。 しかしながらそれとは一方で仮想通貨に取り入れられている技術であるブロックチェーンでは国内で普及する計画を行っています。