総務 省 統計 局 人口 推計。 人口推計 長期時系列データ 長期時系列データ(平成12年~27年)

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2018年(平成30年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

05 2009 平成21 127,550 1,087,000 1,146,000 -59,000 8. (平成17年)には同年の労働力人口は6,650万人、ピークは1998年(平成10年)の6,793万人であったが、少子化が続いた場合、2030年には06年と比較して1,070万人の労働力が減少すると予想される。

8

人口推計 長期時系列データ 長期時系列データ(平成12年~27年)

4 平成22年 1,451,338 1,389,324 95. 23 2003 平成15 127,670 1,139,000 1,023,000 116,000 8. 統計データの活用• 他の東北地方も総じて低水準となっている。

7

山口県/統計分析課/人口・令和元年山口県人口移動統計調査結果概要

94 1973 昭和48 108,709 2,091,983 709,416 1,382,567 19. 外国籍 [ ] 2018年末時点での外国籍者数は2,731,093人となっている。 39 2011 平成23 127,770 1,050,806 1,253,066 -202,260 8. 15歳~64歳人口は7545万1千人で,前年に比べ51万2千人の減少となり,割合は1950年と同率の59. 統計関連情報• 2019年7月30日閲覧。 (結果の概要 2~3ページ) 外国人が6年連続の社会増加,増加幅は拡大• 59 2005 平成17 127,760 1,087,000 1,078,000 9,000 8. 7%)となっています。

15

宮城県推計人口(月報)

リンク集• 15~64歳人口の割合が最も高いのは,東京都(65. 81 2007 平成19 127,750 1,101,000 1,103,000 -2,000 8. 特に、毎月実施している「労働力調査」、「家計調査」、「小売物価統計調査」の結果は、完全失業率、家計収支、消費者物価指数など、雇用・消費・物価の最新の情勢を示す統計データとして活用されています。 一方,減少は40道府県となっており,秋田県(-1. 7%で,比較可能な1950年以降過去最低 70歳以上人口は97万9千人の増加,初めて2割を超える 75歳以上人口が初めて65歳以上人口の半数以上となる• 0 1909 明治42 48,554 1,766,000 1,098,000 668,000 33. 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 総務省統計局では、我が国の人口について、国勢調査によって5年ごとに詳細に把握するとともに、国勢調査の間の時点においては、毎年及び毎月の人口を推計し、公表している。 96)にまで減少した。

人口推計 長期時系列データ 長期時系列データ(平成12年~27年)

石巻圏(石巻市,東松島市,牡鹿郡) 2市1町• 年次 総人口 市部 郡部 人 構成比 人 構成比 平成17年 1,492,606 1,426,476 95. 1947年(昭和22年)以降。 2012年6月9日閲覧。 基本的な統計の企画・作成・提供 統計局では、我が国の社会・経済情勢を把握するための基礎となる統計の企画・作成・提供を行っています。

17

山口県/統計分析課/人口・令和元年山口県人口移動統計調査結果概要

第一次後の(昭和50年)には出生率が2を下回り、出生数は200万人を割り込んだ。 4 1916 大正5 53,496 1,873,000 1,196,000 677,000 32. 14 であった。 日本の出生数 棒グラフ,目盛左 と合計特殊出生率 折れ線グラフ,目盛右。

7

宮城県推計人口(月報)

39 2011 平成23 1,050,806 1,253,066 -202,260 1. これは間引きが罰せられるようになったことで大家族の家庭が多くなったのに加え、明治以降の保健・医療など水準の向上、農業生産力の増大、による経済発展に伴う国民の所得水準の向上と生活の安定などの要因により発生しただった。 42 2015 平成27 1,005,677 1,290,444 -284,767 1. 7 1929 昭和4 63,461 2,077,000 1,261,000 816,000 32. 一方、(現・)の将来人口推計は出生率が回復するという予測を出し続けた。

18

人口推計 長期時系列データ 長期時系列データ(平成12年~27年)

4 1904 明治37 46,135 1,500,000 1,005,000 495,000 30. (結果の概要 2~3ページ) 都道府県別人口 東京都など7都県で人口増加 自然増加は沖縄県のみ• 1 1914 大正3 52 039 1,883,000 1,109,000 774,000 33. 6 1928 昭和3 62,595 2,136,000 1,237,000 899,000 34. 70 1954 昭和29 87,976 1,769,580 721,491 1,048,089 20. 2012年2月21日, at the. 19 1961 昭和36 94,943 1,611,772 700,459 911,313 17. 46 1947 昭和22 78,025 2,678,792 1,138,238 1,540,554 34. メールニュースでは、主要な調査結果の要約、新着情報、お知らせなどを希望者へ提供しています。 (厚生労働省)• 00となる)。 32 2003 平成15 1,123,610 1,014,951 108,659 1. 2018年の推計では、沖縄県は自然増減、社会増減ともプラス、南関東4県、愛知県、福岡県は自然減少を社会増加で補ってプラスを維持しているが、大阪府や島根県など8県は社会増加よりも自然減少の方が大きい。

19